津屋崎人形を作る筑前津屋崎人形巧房のこと【歴史・現在】

筑前津屋崎人形巧房の情報をまとめておきたいと思います。

筑前津屋崎人形巧房とは

創業安永(1777年)、240年続く福岡県知事指定特産民芸品津屋崎人形」を作る、現存する唯一の工房です。

津屋崎人形は、初代卯七(当時はまだ苗字がない)から原田一族が代々受け継いでおり、全盛期は四軒の人形工房がありました。

初代「卯七」→二代目「原田半兵衛」→三代目「原田半四郎」

四代目は「原田音右エ門」「原田清次郎(直方へ転居)」「原田半右エ門)」「原田長助」の4人です。

半右エ門さんの子2人がまた人形店を分け、計4軒の津屋崎人形店が完成しました(全盛期の明治~大正期)。

筑前津屋崎人形巧房はこの四代目「長助」から、五代目「徳十」、六代目「活男」、七代目「誠」と引き継がれ、現在に至っています。

四代目長助作「馬乗り清正」100年以上前のものです

その後、時代の流れとともに津屋崎人形の工房は減っていきました。

数年前まで、「半右エ門」さんの系譜である、七代目「原田彪(たけし)」さんの「原田半蔵人形店」もありましたが、現在は閉まっています。

津屋崎人形とは


古博多人形の流れを汲む土人形で、素朴さと鮮やかな色彩が特徴の郷土芸術です。

津屋崎の在自地区でよい粘土が取れたことから、生活雑器を作ったことからはじまり、だんだん土人形を作るようになりました。

そこには「古博多人形」の影響を多分に受けています。


製作には“二枚型による手押し製法”で作られます。


この製法は、熟練した技術を要し、一つ一つの人形を手作業で作るため量産に向きません。

2枚の型にそれぞれ粘土を押し込み、1つに合わせることで人形となります


しかし、量産品にはない、どっしりとした土人形の重みが感じられます。

津屋崎人形は「福岡県特産民芸品」に指定されており、また平成21年に福津市の優れた工芸品として「福津の極み」に認定されています。

現在は七代目である原田誠が匠の技を受け継いでいます。


また代々伝わってきている土型は、モマ笛(江戸時代)やごん太(明治時代)など、1000点以上あり、大切に保存されてます。

ごん太(左・中)とモマ笛(右)
津屋崎人形ごん太とは?|種類・歴史・謎・親戚|情報まとめ


ときおり昔の型を使い、長く作られていなかった人形を復刻し、販売しております。

江戸時代からの型が残っています

ロゴマーク

ロゴマークは、2015年にプロダクトデザイナーの中庭日出海氏により考案

土と人形の形を掛け合わせています。

2021年商標登録済み。

2021年半ばから、当工房で製作の人形にはロゴの刻印がされています。

2022年からこのロゴを「津屋崎人形」の証としていきます

モマ笛絵付け体験

イベント等でモマ笛の絵付け体験を実施しています。

また工房内では津屋崎人形のモマ笛絵付け体験ができます。


ご予約は以下のリンクからお願いいたします。


STORES 予約 から予約する

遠方の方で体験してみたい方向けに、ネットストアにてモマ笛絵付け体験セットを販売しています。

ぜひご覧ください。

場所と駐車場と営業時間

定休日:火・水曜日

営業時間:9時から18時

最寄りバス停:西鉄バス津屋崎浜から徒歩3分

駐車場:工房前と工房近くに駐車スペースあり

最寄り駅前:JR福間駅から西鉄バスかタクシー

特徴

時期によりさまざまな人形を製作しています。

店頭およびネットショップに在庫が無い人形はご注文も承ります。

一度に同じ人形をまとめて作るため、生産頻度の低い人形は、1〜2年に1回の製作になることがあります。

製作スケジュール

  • 1〜2月 雛人形
  • 3〜4月 五月人形
  • 5〜6月 ごん太、招き猫、モマ笛等
  • 7〜8月 山笠の製作のため、土人形は製作しません。
  • 9〜10月 ごん太、招き猫、モマ笛等
  • 11月〜12月 来年の干支人形

上記時期に関わらず、事前予約制にて津屋崎人形モマ笛絵付け体験ができます。

SNSで最新情報は発信しております

よろしければフォローをよろしくお願いいたします。

末長く、どうぞよろしくお願いいたします。

筑前津屋崎人形巧房のリンク集 写真で巡る筑前津屋崎人形巧房の展示場ツアー 津屋崎人形のルーツを辿る旅 津屋崎人形ごん太とは?|種類・歴史・謎・親戚|情報まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA