【2022年版カレンダー】二十四節気とは?【節句人形出し入れの目安?】

当工房では、雛人形や五月人形を作っています。

よく節句人形は「いつごろから飾ったら良いですか?」「いつ頃片づけたら良いですか?」と相談されます。

「気が向いたときで良いですよ」と言いつつも、目安となるものがあると1年にリズムが生まれますね。

そこで、ひとつの目安として、「二十四節気」(にじゅうしせっき)をおすすめします

二十四節気(にじゅうしせっき)とは?

簡単に言うと、1年を24分割(四季ごとに6つ)し、季節の移り替わりの目安としたものです。

立春(りっしゅん)や啓蟄(けいちつ)などは、聞いたことがある人も多いかと思います。

【2022年版】二十四節気カレンダー

季節二十四節気名2022年の日付意味
立春(りっしゅん)2月4日春の始まり
雨水(うすい)2月19日雪が雨に変わり、氷がとけて水になる
啓蟄(けいちつ)3月5日大地が温まり冬眠をしていた虫が穴から出てくる
春分(しゅんぶん)3月21日昼と夜の長さがほぼ同じになる日。この日から、気温が穏やかで、雨が豊かになる
清明(せいめい)4月5日すがすがしく明るい季節という意味
穀雨(こくう)4月20日穀物の成長を助ける雨
立夏(りっか)5月5日夏の始まり
小満(しょうまん)5月21日万物が次第に成長して、一定の大きさに達する
芒種(ぼうしゅ)6月6日稲・麦など芒 (のぎ) をもつ穀物の種をまく時期
夏至(げし)6月21日北半球では1年で最も昼の時間が長い時期
小暑(しょうしょ)7月7日頃梅雨明けが近く
大暑(たいしょ)7月23日気温が上がり続ける
立秋(りっしゅう)8月7日秋の気配が立ち始める日
処暑(しょしょ)8月23日暑さがおさまるという意味
白露(はくろ)9月8日草木においた露が白く見えるという意味
秋分(しゅうぶん)9月23日昼の長さと夜の長さが同じになる日。この日から夜の方が長くなっていく。
寒露(かんろ)10月8日地面の露が寒冷にあって凝結するという意味
霜降(そうこう)10月23日霜が降りるという意味
立冬(りっとう)11月7日冬の季節の始まり
小雪(しょうせつ)11月22日雪が降りはじめるころ
大雪(たいせつ)12月7日本格的に雪が降り始めるころ
冬至(とうじ)12月22日夜が最も長くなる日。カボチャの煮物を食べる風習
小寒(しょうかん)1月5日これからもっと寒さが厳しくなるころ
大寒(だいかん)1月20日寒さが最も厳しくなり
参考:国立国会図書館

雛人形に関係する二十四節気

飾る時期

立春(りっしゅん)2月4日頃雨水(うすい)2月19日頃です

立春は節分の翌日で、邪気を払った後です。
雛人形を飾るにはちょうど良いとされています。

雨水は、雪や氷がとけて雨水として降ってくるという、春の訪れを感じる時期です。

片づける時期

啓蟄(けいちつ3月5日頃や、地域によっては旧暦(4月3日)です。

地域によって片づける日はバラバラです。
雛人形の片づけは、日にちを重視するよりも、晴れた日が続いた、湿気の無い日がベストです。

雛人形や五月人形の保管・保存・メンテナンス方法【人形師が解説】

五月人形に関係する二十四節気

飾る時期

春分(しゅんぶん)3月21日頃~清明(せいめい)4月5日頃~穀雨(こくう)4月20日頃がよいです。

春分の日は、自然をたたえ生物をいつくしむ日で、春のお彼岸の日でもあります。

清明(せいめい)は「すべてのものが清らかで生き生きしている」という意味です。

穀雨(こくう)は「春の柔らかな雨に農作物が潤う」という意味です。

いずれも春のすがすがしい時期です、五月人形を飾るにピッタリですね。

片づける時期

小満(しょうまん)5月21日頃がよいです。

小満とは、生命が満ちていく時期のこと。太陽の光を浴び、万物がすくすく成長していく様子をあらわしています。

小満以降ぐずついた空模様の「走り梅雨」「梅雨の走り」と呼ばれる天候が続きます。

天候が悪くなると、湿気が増えるため保存に適さないため、その前に片づけましょう。

雛人形や五月人形の保管・保存・メンテナンス方法【人形師が解説】

まとめ

紹介した二十四節気はあくまで目安です。

また、当工房の納品は目安の飾る時期より遅くなります。
(これは、完全受注生産で、大手の人形店のように在庫が無いためです。)

あくまで、お持ちの人形を飾る目安としてお使いください。

個人的には「気が向いたとき一番縁起がよいのでは?」とも思っています。笑

時間に余裕があったり、天気が良かったりで「気が向くとき」も理にかなっていますよ。

知識として二十四節気を知っておくと、一年の中にリズムが生まれます。

四季を深堀りした古典的な目安をもっておく」というのは、風情がありますね

四季をたのしめる知識として、二十四節気を心がけてみてはいかがでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA