【3/11】アクロス福岡でトークイベントがあります【告知】

3月11日にアクロス福岡でトークイベントがあります。

テーマは「伝統工芸とデザイン」です。

お世話になっているプロダクトデザイナーの中庭さんと、地域文化商社「うなぎの寝床」代表の白水さんとお話をすることになりました。

  • 中庭さんは、テレビ番組「情熱大陸」で特集された「筒井時正玩具花火製造所」のプロダクトなどを手掛けるデザイナーです。
  • 白水さんは、八女市にショップ「うなぎの寝床」を2012年に開業、2021年に地域文化を体験できる宿泊施設「Craft Inn 手 」をオープン、2022年4月には「うなぎの寝床ららぽーと福岡店」もオープン予定です。

お二人とも、ものづくりの大先輩でレジェンドなので、僕からしたら教師と生徒の関係に近いのですが、そのような関係も含めて意義のあるトークにしたいと考えています。

ものづくりやデザイン、伝統工芸のお仕事の方や、学生さんの参考になったら嬉しいです。

今回、アクロス福岡さんが「伝統工芸や文化を発信する拠点とする!」という目標の中、たくさんの働きかけをしていただいています。

今回メインのイベントは3月19日(土)~3月21日(月)の「7人の匠展」で、若手作家とともに工芸の未来を考える機会になります。

体験イベントも多く、面白いイベントになりそうです。

11日のトークイベントは入場料が1,000円かかりますが、めったに販売しないモマ笛(極小)付きなのでお得です

かなり実験的なイベントとなっています。

流通していないモマ笛の最小サイズです

モマ笛の準備もあるので、30名限定イベントです。

ものづくりの先端を走る、中庭さんと白水さんが話しているのを聞いているだけで、興味深い話になると考えています。

ご参加いただけるとうれしいです。

こちらからお申し込みください。

以下アクロス福岡のHPより抜粋

「ニュー・スタンダード 7人の匠展」プレイベントとしてトークショーを開催!

出展作家の一人である津屋崎人形の原田翔平氏と、津屋崎人形にゆかりのあるプロダクトデザイナーの中庭日出海氏、また進行役に地域文化商社「うなぎの寝床」代表の白水高広氏を迎えます。

人気アイテム「津屋崎ピンズ」はどのように生まれたのか?

今とは違う仕事をしていた原田氏が家業に戻った経緯とは?

工芸品の現状やこれからの展望など、それぞれの立場から語ります。

インスタライブ同時開催

ニュー・スタンダード 7人の匠展 連動企画

※「7人の匠展」の中で、モマ笛の絵付け体験も予定しています。

どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA